女優・米倉涼子(32)が主演するフジテレビ系『モンスターペアレント』の制作発表が17日、都内で行われた。“モンスターペアレント(自己中心的で理不尽な要求をする保護者)”に翻弄される教育現場を舞台にした物語。米倉は、保護者と学校の間に入る弁護士役を演じる。米倉は「今起こっている社会問題を、明るく、楽しく勉強できる、教科書的なドラマです」とPRした。共演は平岡祐太(23)、佐々木蔵之助(40)、温水洋一(44)、草刈正雄(55)ら。
(撮影・柴田悟)