8日、東京・渋谷のNHKで、朗読と音楽で世界平和を呼びかけるコンサート『吉永小百合平和への絆』の記者会見が行われ、女優の吉永小百合(65)、音楽家の坂本龍一(58)、作曲家の大島ミチル(49)、ギタリストの村治佳織(32)、声楽家の佐藤しのぶ(51)、歌手の元ちとせ(31)、シンガー・ソングライターの平原綾香(26)が出席した。同コンサートは、20年以上にわたって広島・長崎で被爆した人々が記した詩“原爆詩”の朗読を通して核廃絶を訴えてきた吉永が、その活動に賛同するアーティストと共に開催する。吉永から直々にオファーを受けた坂本は、「吉永さんに頼まれて断る人間はいない。『何でもやらせてください』と。吉永さんのご希望通りにやります」と答えたことを明かした。吉永は、「ワクワクや不安がありますが、いいコンサートにして、核兵器のない地球を祈ってる」と平和を願った。坂本も「核廃絶の気運が高まっている年。日本は唯一核爆弾を落とされた国。世界に発言する責任がある。継続的にできたら」と意気込んだ。(撮影:柴田悟)

関連タグ: