14日、東京・新宿バルト9でフジテレビ系新月9ドラマ『流れ星』(18日21時よりスタート)も制作発表会が行われ、主演の竹野内豊(39)、上戸彩(25)、稲垣吾郎(36)、北乃きい(19)、松田翔太(25)が出席した。同ドラマは、新江ノ島水族館の飼育員・岡田健吾(竹野内)と、兄に裏切られ、人生に絶望するイメクラで働く女性・槇原梨沙(上戸)が偶然出会い、さまざまな困難を経て、真実の愛に目覚めていく姿を描くニューマンラブストーリー。9年ぶりに月9主演を務める竹野内は「最近の月9にはないテイストで、じっくり見られる大人の話。見応えのある作品にしたい」と意気込みを語った。水族館の飼育員役だが、「なかなかバックグラウンドを見られる場所でもないので、楽しみながら撮影している」と笑顔を見せた。ヒロインの上戸は「初のイメクラ嬢ということで、実際にお店には行けないので、ティッシュ箱にはこんなことが書いてあるんだとか、いろいろと大人の勉強ができて興味津々。こういう世界もあるんだなって。“ふざけんな、バカ野郎”などのセリフは普段言わない分、ここぞとばかりに感情込めてぶつけています」と初体験の役どころを体当たりで演じている。そして、人気グループ・EXILEのリーダー・HIRO(41)との熱愛が報じられている上戸はこの日、報道陣から囲まれるも笑顔を振りまいて立ち去った。(撮影:横山孝行)

関連タグ: