2月21日、東京・後楽の東京ドームシティホールでウエディングドレスのファッションショー『桂由美グランドコレクション~アジアの風~』が行われ、ゲストモデルとして、女子フィギュアスケートの安藤美姫(24)が出演した。

約1万3000個の真珠をあしらったウエディングドレスなどを着用してウオーキングを披露した安藤は「凄く気持ちが良くて楽しかった」と満面の笑みで答えた。

ショーへの出演について「素晴らしいドレスを着てショーに出させていただくのは、すごく緊張します。私はフィギュアスケーターなので、モデルさんとは見た目も違う。モデルさんの中に入ってどうかな? と思ったんですけど、きれいな方々に囲まれて幸せでした」と語った。

ショーで着用したミニドレスについて「フリフリでほんわかしていて初めて着させてもらう感じなのでアイスショーでも試してみたい」と目を輝かせて話した。

結婚式ではミニとロングのどちらを着たい?との質問には「出来れば欲張って両方着たい。日本人なので着物も素敵」と結婚への憧れを語った。韓流スターのパク・シフ(33)や、中国のスター、フービン(44)と競演し「2人ともかっこよかったです」と振り返った。(撮影:小山伸正)

関連タグ: