3月14日、女優の能年玲奈(18)がカルピスウォーターの第11代CMキャラクターに選ばれ、都内で行われた、発表会に登場した。

同CMは長澤まさみ(24)、川島海荷(18)らを輩出し、若手女優の登竜門として注目されているだけに「すごい方ばかりが務めてきたCMなので実感がわかなかった」と興奮気味の様子。「帰り道で、叫びながら実感するんだと思います」と目を輝かせて話した。

今年のキャッチコピーは「全力の君に、きゅんとつめたい。カルピスウォーター」。撮影は35度の猛暑の中、カルピスウォーターのおいしさを伝えようと砂浜を何度も走って、のどが渇いてから本番に臨むなど役作りを徹底したという。「今までは胸がキュンとする、すばらしいCMだったんですけど、今回は全力で青春という、よりさわやかなものをお届けできると思います」と、新しい世界観をつくったと話した。また、自身が出演するCMを見ながら「全力で緊張して全力で楽しんだと思ってます!!」と、全力パワーをアピール。

今後の目標については「これからどんどんのし上がっていきたい。目標とする女優さんは蒼井優さん。ドラマや映画にたくさん出られたらいいな」野望を語った。(撮影:柴田悟)