5月8日、ジャニーズの5人組グループ、A.B.C-Zが、東京・シアタークリエで公演中の『ジャニーズ銀座 Youの前にはMeがいる!』のPR会見を行った。

4月30日までKis-My-Ft2が、5月6日まで関西ジャニーズJr.が務めてきたステージで、8日夜にA.B.C-Zが『ABC座 東京凱旋公演』をスタートさせた。『ABC座』は昨年2月に日生劇場、3~5月は全国を回って上演してきた作品。河合郁人(24)は「ホームに戻ってきた感じ」と懐かしそうに話した。

この公演では戸塚祥太(25)が書き下ろした新曲『ずっとLOVE』も初披露。戸塚は「4月21日に『ユー、書いちゃいなよ』と言われて3日後が締め切り。時間に追われて書きました」と苦労を明かした。

凱旋公演ではメドレーを含める40曲近く披露するほか、河合が中心となって構成した爆笑コントも見どころの一つ。女装して『ゴセ子』になった五関晃一(26)は「実際にいたら付き合いたい」と自画自賛。戸塚が「ゴセ子の人形がほしい」と提案すると、五関も「とっつーと付き合いたい。ちゃんとエスコートしてくれそうだし、ゴセ子のわがままを聞いてくれそう」とまさかの逆指名。戸塚も「何か買ってといわれたら、買っちゃいそう」と返して、笑わせた。