9月4日、東京・葛西臨海水族園で『ファインディング・ニモ3D』公開記念イベントが行われた。東京海洋大学客員准教授のさかなクンと、タレントのボビー・オロゴン親子が登場し、会場を盛り上げた。

’03年、同作が2Dにて公開された際に“大きな魚”役で声優を務めたさかなクン。
この日のイベントでは、作中に登場するキャラクターのモデルになった魚たちを実際に観察しながら、クイズを出題し、会場に集まった子どもたちと一緒に楽しんだ。

さかなクンが「ニモのモデルでもある、カクレクマノミがイソギンチャクと一緒にいる理由は?」というクイズを出すと、すかさずボビーが「そりゃおまえ、ふかふかで気持ちいいからだろ」と回答。この答えにはさかなクンも「ギョギョッ!」と驚き、笑いを誘うと、ボビーの娘・ローズちゃんから「バカだなぁ」と手厳しいツッコミが入り、ボビーもすっかりたじたじ。

また、ボビーはさかなクンの丁寧な解説に「おまえは物知りだなあ。すげえなあ」と関心しきりだった。

関連タグ: