6日、東京・日比谷公園で、『アサヒビール オクトーバーフェスト 日比谷 秋の収穫祭 2012』のオープニングセレモニーが行われ、スポーツキャスターの松岡修造(44)、ロンドン五輪レスリング女子55キロ級金メダリストの吉田沙保里選手(29)、競泳男子200m背泳ぎ銀メダリストの入江陵介選手(22)が登場した。

大雨のなか、松岡はなぜか屋根のない場所から登場し「ジャパンゴールド!」と絶叫。「オリンピックが終わって今は燃え尽き症候群です。抜け殻状態」と語ったにもかかわらず、吉田と入江が登壇すると、MC業を勝手に奪って熱血ぶりを発揮していた。

入江はロンドン五輪を振り返り「出場した3種目すべてでメダルがとれてすごくうれしい」と笑顔。世界大会V13をかけ、カナダ世界選手権に出場する吉田も「優勝してアサヒスーパードライで祝杯を挙げたい」と意気込みを語った。

3人に『アサヒスーパードライ エクストラコールド』4年分が贈呈された。これに松岡は目を見開き信じられないといった様子。「これはもう親孝行だよ!」と入江選手に語りかけ大喜びし、最後には「皆さん一人ひとりの金メダルを掴め!」と絶叫していた。(撮影:小山伸正)

関連タグ: