「24歳になったその日に、みなさんとこうやって同じ場所にいることが何よりうれしいです。この作品に出合えたことも、僕にとっては最高のプレゼントになりました」
10月14日、初主演映画『ツナグ』の大ヒット記念イベントで目を潤ませて喜びを語った松坂桃季。この日は松坂の24歳の誕生日で、詰めかけたファンからたくさんのプレゼントが贈られた。

NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』でのブレイク後、オファーが増えているという松坂は、休みもままならない人気ぶりだ。この日、イベントを終え、彼が自宅に戻ったのは夜11時過ぎ。タクシーを降りると、プレゼントを抱えて1人マンションに入っていった。せっかくの誕生日でも、仕事を終えた後、松坂は孤独な夜を過ごしていたのだ。

「今の松坂くんは”恋愛はご法度”だそうです。所属事務所から止められていると聞いています。彼に大きな期待をかける事務所が、プライベートにも注意を払っているようですね。先日、”ひとり焼き肉”に出かける松坂くんの様子が週刊誌で報じられましたが、それも現在の彼のプライベートを物語っていますよね」(スポーツ紙の芸能デスク)

「AKB48」さながらの恋愛禁止令も、多忙なスケジュールもあってか、さほど苦にはなっていないという。松坂は昨年発売された自身2冊目の写真集『道-TAO-』のなかで、「恋愛はしているか?」という質問にこう答えている。

「以前、先輩の役者さんに『恋愛は人生を楽しむためには必要だけど、この仕事には必要のないもの』と言われ……、そうか、今の僕には必要ないな、と妙に納得しました」

今は恋よりも、俳優としての夢実現が第一のようだ。

関連タグ: