5月16日、都内でドラマ『お父さんは二度死ぬ』(NHKBSプレミアム)の制作発表会が行われ、主演の南沢奈央(22)らが出席した。

同作は、父の死をきっかけに家族の秘密が次々と明らかになるミステリー。南沢は「台本を読んだあと、驚きと感動で鳥肌が立ちました。やりがいもあるし、私が感じた驚きや感動を見てくださる人に伝えられれば」とアピールした。

また、南沢の父親役を務める遠藤憲一(51)は「いままでドラマや映画で、何度も死んだことはありましたが、棺桶に入ったのは初めて。遺影も撮影したんですが、いろいろなパターンを撮影し最終的に仏頂面の写真が採用されました。自分でみても怖すぎる出来栄えです」と話し笑いを誘っていた。

(撮影/小山伸正)

関連タグ: