「光り輝くような子供たちの質問に出合えることが、なによりも楽しみでした。僕は番組にでているときは、どんな質問にでも絶対に答える人になろうと思っていました」

 そう語るのは、TBSラジオ『全国こども電話相談室』の回答者を40年間務めた、放送作家でタレントの永六輔さん(81)。今年7月に50周年を迎えた番組の主役は、子供たちの天真爛漫な疑問や味わい深い質問。それに対して大人たちが懇切丁寧に答え続けた。そんな永さんの名・迷回答といえば……。

「反省の色って、何色なんですか?」(小6・男子)
ーー反省の「色」は「反省のようす」のことなんだよ。

「天国に行ったら、どうなるの?」(小2・女子)
ーーいま生きているこの世を、天国にしましょう。でも、天国っていいらしいよ。だって、行った人が帰ってこないもの。

「男の子はどうして、スカートはいちゃいけないの?」(小2・女子)
ーーなんとなく分かれているだけです。

「あしたは、なぜあるの?」
ーーいい質問。言葉が出ない。

「どう答えたってダメだという質問もあります。そんなときは、質問をやたらと褒めました。なんて素晴らしい質問だといいながら回答を思案しますが、とても答えられません。そんなときは『負けた』という感じがしましたね」(永さん・以下同)

 子供の素朴な疑問に、キリキリ舞いしている大人のようすも人気の秘密だったという。

「子供の悩みの本質は昔と変わりません。インターネット、携帯電話などから情報を得られることを止めようがありません。しかし、100人の子供がいれば100通りの個性があり、疑問や悩みがあります。そこにはマニュアルは成り立たないはず、この番組には、親子関係を考えるうえで、重要なヒントがつまっています」

関連タグ: