「じつは私も、川崎さんの愛人だったんです」

 編集部にかかってきた一本の電話。かけてきたのは、『女性自身』を読んだという女性B子さん(38)だった。それは、川崎麻世(51)の“元不倫相手”A子さん(35)の衝撃的な告白記事のこと。妊娠したものの麻世に捨てられ、性行為中に撮影した動画で脅迫されたことを、A子さんは告白していた。電話を受けた翌日、あらためて都内でB子さんに会って話を聞いた。

「付き合ってたのは、13年の5月から8カ月くらいかな……。普段の彼はとても優しいんです。でも私もA子さんと同じように動画を撮影されていましたし、暴力を振るわれたことが許せない――」

 怒りを露わにするスレンダー美女のB子さんは、菜々緒似の元ホステス。一児がいるバツイチだ。殴られたのは、13年の秋だったという。

「2人で飲んで彼の家に帰ったら、酔った彼はすぐに寝てしまったんです。キッチンにぶら下げていたコンビニ袋の中に、丸められたティッシュを見付けて……。イヤな予感がして近づくと、精子特有の匂いがしたんです。私は、『ちょっと、これ何なの!』と彼の鼻に押し付けました。それでもまた寝るので、彼の頬を本当に軽く平手で叩いたんです。そうしたら彼はカッと目を見開いて体を起こすと、私に思いっきり往復ビンタをしてきました。とても痛くて、泣きそうでした。さらに私を押し倒して両手首を押さえ、見たこともない剣幕で口汚く罵られました。『おめえ、何してくれてるんだよ!』と怒鳴られ、身の危険を感じるほど怖かったです。彼の隠された本性を見た気がしました」

 その日を境に、B子さんの気持ちは麻世から離れた。

「14年の元旦に彼からメールが来て、一言だけ返信したのが最後。あれから1年……二度と会っていません」

 もしかして、麻世は女性との別れ方がとてつもなく下手なのか。

関連タグ: