「こうやって理詰めで話しているのも、僕が結婚できない理由なんでしょうね(笑)」

“TEAM NACS”唯一の独身者である戸次重幸(41)が、現在出演している舞台『スタンド・バイ・ユー〜家庭内再婚〜』。旅先での一夜の過ごし方を巡って、2組の夫婦が大バトルを繰り広げつつ、不満を抱えながらも夫婦を続けようとする“永遠の謎”に迫る大人のコメディ。この作品を通して、ちょっとした変化が。

「このお芝居をやらせてもらってよかったと思うことの一つが、結婚観の変化です。独身の僕にとって教訓になる。たとえば結婚後、性格や価値観などすれ違っている部分に対して僕がイラついたとします。そのときにこの作品を思い出せば、イラ立ちをグッと抑えられる気がするんです」

 舞台では「すべてが合致する夫婦なんてありえない、だって他人なんだから」というセリフや、うまくいっていない夫婦のリアルな心情が描かれている。戸次が独身を貫いてきた理由を聞いてみると、「まだ出会っていないんでしょうね」とキッパリ。ただ、彼の過去にはこんな経験が。

「僕は麺類のゆですぎが絶対に嫌なんですね。麺にとってのいちばんいい状態がある。それはお金のかかることじゃなくて、タイミングを知っているかどうかだけ。わからなければ何回も食べてみればいいんです。ところが、過去に付き合った女性は『あなたはゆですぎが嫌いでしょ』と全然ゆで上がっていないうどんを出してきたんです。『あのね!そういうことじゃなくて!』となりますよね」

 かといって、完璧な女性を求めているわけではない。“素直さ”がポイントのよう。

「どうすればできるようになるのか、僕に聞いてもいいし、料理教室に通ってみてもいい。その結果、できなかったとしてもいいんです。そういう姿勢を見せてくれるだけでも、うまくやろうとしてくれたんだな、かわいいな、と思うじゃないですか。最初から『私できないから』と開き直らないでほしいだけです……」

 ここから冒頭の言葉が飛び出した。舞台を通して結婚観が変わりつつある戸次さん、近い結婚はあるのでしょうか?

関連タグ: