2月18日、舞台『嵐が丘』の制作発表会見が都内にて行われ、主演で女優の堀北真希(26)が出席した。

 本作は、“世界の十大小説”と評される英小説が原作で、男女の激烈な愛を描いた作品。主人公のキャサリンを演じる堀北は、「今回はとても気が強く激しい性格の女性ということで、今までとは違う強い女性を演じられれば。普段はおっとり、まったりとしているタイプなので頑張って役作りしたいです」と、意気込んだ。

 この日、ほかにも俳優の山本耕史(38)、女優の戸田恵子(57)らが出席。舞台は5月6日~26日、東京・有楽町の日生劇場で上演される。

(撮影/柴田 悟)

関連タグ: