「親方と初めて会ったとき、『メシを食いに行こう!』と言われて、デニーズに連れていかれました。初めてのファミレスだったので、たらふく食べました。おいしかったですね〜」

 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第34回のゲスト、第69代横綱・白鵬翔(29)。モンゴル相撲を遊び程度に取り組んだだけだった15歳、わずか62キロの少年が大きな夢を抱いて来日。それから15年後の今、日本を代表する唯一無二の横綱になった。そんな横綱の魅力に迫る2人のぶっちゃけトーク、スタートです。

中山「1月場所での33回優勝、おめでとうございます!まもなく30歳ですね。横綱がまだ29歳というのが驚きですが、若いんですよね」

白鵬「15歳で日本に来て、今年で15年目になります。年齢は若いかもしれませんが、精神年齢はもっと上かもなぁ……」

中山「モンゴルにいたころ、日本の相撲について知識は?」

白鵬「まったくありませんでした。モンゴル相撲は試合時間が長く、私の父親はモンゴル相撲のチャンピオンで、2時間18分という最長記録を持っています。モンゴルでも衛星放送で大相撲は放送されていましたが、取り組みの時間も短く、簡単そうだと思ったのが大相撲の最初の印象です」

中山「実際は違いました?」

白鵬「モンゴル相撲は本格的にはやっていませんが、同級生と相撲を取っても勝っていたので、ある程度は自信を持って日本に来たんです。でも、あっという間に『来る場所を間違えたな……』と自信を喪失しましたね」

中山「力士を志すには、62キロはちょっと痩せすぎていますよね」

白鵬「私なら62キロの子は選ばないですね。15歳の私はどこの部屋からも声がかからず、実は帰りの飛行機のチケットを渡されていたんです。翌日モンゴルに帰るので、お別れ会をしてもらっていたときに、運命が変わったんです」

中山「旭鷲山関が宮城野親方に掛け合ってくれたと聞きましたが、そんなに切羽詰まった状況だったんですね……」

白鵬「お別れ会の最中に電話がかかってきたんです。親方は『若ければいい。体はあとから何とかなるだろう』という考えで入門を決めてくれたのですが、私は大阪にいたので、親方に会わずして入門することになったんです」

中山「査定は年齢だけ(笑)。今、ほかの部屋の親方たちは、後悔しているでしょうね」

白鵬「後悔してるでしょうね〜(笑)。親方に初めて会った翌日、出稽古に連れていかれたのですが、親方や同部屋の先輩たちから『こんな子を連れてきても仕方ない』と非難され、『この子は細すぎてダメなんじゃないか?かわいそうだから床山にしたら?』などと言われたそうです」

関連タグ: