夫である高橋ジョージ(56)から受けたひどい暴言などの『モラハラ』が原因で現在、離婚を求める手続きに入っている、三船美佳(32)。東京家庭裁判所で、その第1回口頭弁論が3月3日に――。

「すっかり割り切った三船さんとは対照的に、高橋さんは、なんだか寂しそうですよ」と語るのは、高橋が近く出演するNHKドラマ『美女と男子』の関係者。

「カメラが回っているときは、以前の明るい高橋さんそのものなんですが、カメラが止まった瞬間に、魂が抜けたようになってしまって話しかけられる雰囲気ではありません」

 そんな高橋の胸中を聞こうと、本誌は彼の自宅を訪れた。正午過ぎ、1台の車が玄関に横付けされると、家の中からマスクに眼鏡、ハンチングを目深にかぶった男が現れ、素早く車に乗り込んだ。変装しているが、高橋本人だ。

1月に直撃取材した際は、テレビに登場するときと変わらぬ姿で堂々と記者に応対した高橋だったが、いつのまに豹変していたのか。番組出演の打ち合わせを終えた高橋に声をかけてみた。
 
――高橋さん、女性自身です。今後、裁判で美佳さんとの仲をどうされたいのかだけ、お話しいただけませんか?

「いやあ、それは。ホントにごめんなさい。今はちょっとしゃべれない状況なんで……。ホントごめんなさいね」

 そう言うと、マネージャーに誘導されて、走り去ってしまった。

「最近、彼に不利な記事が週刊誌で書かれたのが影響しているんでしょう。高橋さんはそれが美佳さん側からリークされたものではと疑心暗鬼になっているそうです。裁判でも美佳さんから“爆弾ネタ”を出されるんじゃないかと怯えているんです」(芸能リポーター・城下尊之さん)

 すっかり割り切った妻と、怯える夫。もし美佳側からモラハラなどで決定的な証拠が出てこなければ、裁判は長期化することになる――。