グラビアアイドルの橋本マナミ(30)が都内で行われた下着ブランド・株式会社ワコールによる『シンデレラフィッティングを体験!』のイベントに出席。プロのビューティアドバイザーが選んだブラジャーを着用し、自信に満ちた表情で「国民の愛人になりたい」と目標を語った。

3月12日の『サイズの日』をむかえるにあたり、株式会社ワコールが20~40代の女性109人にブラジャーの着用実態について調査を行った結果、体に合ったブラジャーを着用しているのは全体の9.4%のみで、85.4%の人が間違ったつけ方をしていることが判明。

イベントでは実際に橋本がプロのビューティアドバイザーにブラジャーを選んでもらう『シンデレラフィッティング』を体験し、そのつけ心地のよさに「全然違う!体の一部みたいで着けている感じがしません」と感激。会見に同席したファッションプロデューサーの植松晃士氏も「全身が変わりましたね」と絶賛した。

この日、約10年ぶりにバストの採寸をしたという橋本は「今の勝負下着は白だけど、今度は黒や赤で攻めていきたいですね」と照れながらコメント。現在、特定のお相手はいないそうで、「シンデレラフィッティングをした姿は、国民の愛人になりたいのでみなさんにお見せしたいです」と大胆発言。しかし、「本当の愛人は私の気質に合わないのでみなさんの妄想のなかの愛人で」と付け加え笑いを誘った。

(撮影/夛留見 彩)

関連タグ: