2月28日、お笑いコンビ・中川家の中川礼二(43)がDVD『中川家礼二の鉄学の時間』『それいけ中川電鉄』の発売記念トークショーを行い、「鉄道とお笑いの二足のわらじもいいと思う」と将来の展望を語った。

この2作は、中川が大好きな鉄道の世界を調査する番組をDVD化したもの。中川は「まさかDVDになるとは!」と鉄道ヲタの需要に驚いている様子。また、芸人の命である“ウケ”を排除しているそうで「一番素に近い。笑いをとろうとしたらディレクターから止めらた初めての番組。周りからもお笑いのテンションじゃないと言われます」と話した。

中川は鉄道ヲタのなかの乗り鉄(乗車するのが好きなファン)だと言い、「プライベートではあまり乗れないので、仕事で乗らせてもらえて嬉しい」と笑顔。撮影をしながら人脈作りにも精を出していることを明かし、「これがきっかけになって鉄道会社に入社できたらなぁ。この先漫才をやっても先が見えているので、鉄道とお笑いの二足のわらじという新しい分野を作っていこうかなと思ってます」と夢を膨らませていた。

この日のトークショーには鉄ヲタ女芸人の鈴川絢子(23)も出席した。

(撮影/河崎文雄)

関連タグ: