アカデミー賞主演男優賞受賞で注目が集まるイギリス出身俳優エディ・レッドメイン(33)。一見スタイリッシュなイケメンだが、受賞作『博士と彼女のセオリー』では車いすの物理学者スティーヴン・ホーキング博士を熱演。よだれや鼻水をたらし、顔をゆがめてALS患者の苦悩を見事に表現した。

 そんなエディ・レッドメインってどんな人?父親は銀行の頭取、2人の兄は実業家と銀行の重役という、富裕な一家に育ったエディ。イートン校では、ウイリアム王子と同級生!大学も、名門ケンブリッジ大学に進んでいる。過去の来日時にインタビューをしたというセレブウオッチャー田嶋真理さんに話を聞いた。

「取材時も感じがよく、リアルなジェントルマン。憧れのファッショニスタを聞いたところ、『いつもカチッとしたスーツを着て出勤している父』と。そのときは、プチプラのブランド『TOPMAN』を着ていました。来日スターはスタイリストが用意した服を着るだけで、上下がっちりハイブランドでキメる人が多いなか、あえてプチプラを選んで、かっこよく着こなしているのが、さすがと感じましたね。家族仲の良い、温かい素敵な家庭で育ったんだな〜と感じました」

 これから女も仕事も選び放題という昨年、一般女性と結婚。品行方正、羽目をはずさず、パパラッチされない、私生活が見えないところがミステリアスだが……。

「女性にどんな形で愛を伝える?との質問には顔を真っ赤にしてハニカみながら、答えてくれて、なんてかわいいんだろう!と思いましたね(笑)」