「僕が演じる春樹は、思ったことをすぐに言葉に出してしまう人間で、人との距離感も通常のラインを超えているんですよ。僕が女だったら、どうせみんなにそうなんだろうって疑いから入る。異性をドキッとさせるのと、人懐っこいのと、その線引きが正直わからない」

 そう語るのは、4月スタートの主演ドラマ『医師たちの恋愛事情』(木曜22時〜・フジテレビ系)で、熱血外科医役に挑戦する斎藤工(33)。クランクイン前に行われたポスター撮影では、お相手の女医・石田ゆり子(45)と抱き合う場面も。

「抱き心地はすごくよかったです。あ、まずい……これが見出しになってしまう(笑)」

 今、もっともセクシーな俳優による王道ラブストーリーとあって、早くも期待が高まる。

「春樹と石田ゆり子さん扮する女医の千鶴は、もともとの性質は犬と猫ほど違って、人との距離感もテリトリーもまったく違うけれど、医師として目指すもの、根っこの部分に近しいものがあって、仕事を通して近づける2人だったりするのかな、と思います」

関連タグ: