この4月で、堺雅人(41)との結婚が3年目を迎える菅野美穂(37)。2人の夫婦生活について、あるテレビ局のドラマ制作関係者はこう話す。

「菅野さんは、“結婚生活がこんなに楽しいなんて、思ってもみなかった”と笑顔でノロけていますよ」

 それは、本当は夫の堺が言いたいセリフかもしれない。結婚から3カ月後に始まったドラマ『半沢直樹』の大ヒットで、堺は同世代を代表する人気俳優にのし上がった。

「じつは、菅野さんが家で気をつけていることがあるそうなんですよ。それは、堺さんが仕事を終えて帰ってきたら、必ず笑顔で“おかえりなさい”と迎えてあげるということ。いま日本一の売れっ子と言ってもいいのが堺さん。そんな夫を見て、『私まで一緒になって休みなく仕事をしたら、生活がすれ違っちゃう』と彼女は心配しているんです」

 たしかに結婚以来、菅野は堺を立てているのか、自分の仕事はセーブしているようだ。

「“私たち、何のために結婚をしたの”なんていう後悔は絶対にしたくない。だから、いまは私ができるだけ家にいてあげたいの――」

 結婚直後から、堺が“出世の道”を歩み始めたのには、菅野の隠れた支えがあったのだ。

関連タグ: