「娘には将来、女医になってほしいと言っています(笑)。私の仕事は不安定なので、子どもたちには安定した職に就いてもらいたいと思っているんです」と語るのは、田中美奈子(47)だ。

田中は俳優の岡田太郎(40)と’07年9月に結婚。夫は忙しい妻に代わり家事などもこなす。特に料理も得意で、中華のフルコースを作る姿がバラエティ番組で紹介されたこともある。’08年には40歳で長女(6)を出産。’09年12月には長男(5)にも恵まれた。

「娘は2歳から幼稚園に入りましたので、4年間通いました。入園以来のお友達もいますし。先生もずっと一緒なので、私も娘も少し寂しいですね。でも、卒園してからも『会いたくなったら、またみんなで集まろうね』と」

 長女は、人気私立校のお受験に挑戦。田中は、塾に通う娘の送り迎えに奔走した。

「通っていた塾が遠かったので、時間もいつもぎりぎり。2人で走って電車に乗っていました。私は、髪を振り乱していましたね(笑)。試験の本番で、娘は『幼稚園は何組ですか』と面接官に聞かれたんです。うちの幼稚園は“組”ではなく“クラス”だったので、彼女はパニックになったようで……。運動会では赤組だったので、『赤組です』と答えたのですが、『えっ、赤組?』と聞き返されて。それで、本人はポロポロと涙を流し始めて……」

ハンカチで涙を拭きながら、なんとか質問に答えた長女。もうダメかと思われたが……。

「受験の結果の通知が来たときは、夫に確認してもらおうとしたのですが、『俺、なんでこんなに手が震えているんだ。すごく緊張する』って。それで中を確認すると『うっ』と言ったんです。えっ、と思って私も見たら“合格”の文字が――。『やった!』と近所中に聞こえるくらいの大騒ぎでした。私たち親も本人も人気の私立校の合格は難しいと思っていただけに喜びも、ひとしおでした。母娘で奮闘した日々は、一生忘れられない思い出です」

関連タグ: