4月13日、都内でNHK木曜時代劇『まんまこと~麻之助裁定帳~』の制作発表会が行われ、主演の福士誠治(31)と、桐山漣(30)、南沢奈央(24)、市川由衣(29)ら共演者が出席した。

同作は、『しゃばけ』シリーズで人気の作家、畠中恵氏の新シリーズ。江戸町名主の跡取り息子・麻之助(福士)が、幼なじみの清十郎(桐山)、吉五郎(趙珉和)とともに、さまざまな謎や、揉め事を解決していく人情ミステリー。

主演の福士は、今月16日からスタートする撮影について「楽しみで仕方ないです」と待ちきれない様子。「男臭いところは男臭く、時代劇の節や江戸弁を身につけながら僕ら3人ならではの空気感を出していきたいです」と意気込みを語った。

また、時代劇の連ドラは今作がはじめてだという桐山も「現代劇でイケメン役が多いですが、時代劇でもしっかり色男を演じていきたいです」と気合十分。福士から「桐山くんは女性の扱いが凄腕だと聞いたので、その辺は任せていこうと思っています」とコメントされると、「そうですね、任せていただきたい」と笑顔を見せ、息のあった掛け合いで会場を和ませた。

『まんまこと~麻之助裁定帳~』は7月16日、午後8時より放送開始。

(撮影/柴田悟)

関連タグ: