本田圭祐選手のモノマネでおなじみのじゅんいちダビッドソン(40)が14日、テレビドラマ『12モンキーズ』の配信記念イベントに出席。タイトルにかけ、猿回し芸人のゆりあ(37)と猿・りく君も登場した。

『R-1グランプリ2015』の優勝者であるじゅんいちダビッドソンは、本作に絡めた持ちネタを披露することに。しかしオチのタイミングでりく君からは強烈なドロップキックを受けた。吹き飛ばされたじゅんいちダビッドソンは、腕時計が切れるというハプニングに見舞われ「嫌やわ〜」と悲しげにりく君を見つめた。

テリー・ギリアム監督のSF映画『12モンキーズ』(1995)を元にテレビシリーズ化され、アメリカで大ヒットした本作。日本では今年3月から、オンライン動画サービス・Huluにて毎週金曜日に絶賛配信中である。

(撮影/桑原靖)