7月17日に予定されていた新潟・弥彦競輪場でのイベント出演を“ドタキャン”した高橋ジョージ(60)。発表したのはその前々日の15日。オフィシャルサイトでは、欠席の理由について《本人の急性喉頭炎、声帯浮腫発症、歌うことが困難なため出演が中止になりました》と綴られている。
 
だが、当日のスポーツ紙には気になる報道が。高橋はNHKドラマ『美女と男子』に出演中だが、イベント当日にも撮影スケジュールが入っていたというのだ。弥彦競輪場の関係者に問い合わせたところ、困惑気味にこう語る。

「7月13日に高橋さんサイドから連絡がありました。でも出演は昨年から決まっていたことなんですよ。いくらなんでも、急すぎます。代わりに出演してくれる人を探してもらっていますが、難航していて困っているところ。違約金の話にはしたくないですが……」

 実は高橋の“ダブルブッキング”は初めてではないという。スポーツ紙記者がこう語る。

「7月8日に三船美佳さん(32)との離婚訴訟が行われましたが、この日も高橋さんはドラマ撮影が入っていたそうです。迷走している感が否めませんが、高橋さんは離婚騒動で精神的に参っています。『マスコミからの取材はもう嫌!』と漏らしているそうで、今回のイベント出演中止も、そうした公の場に立ちたくないとの意向も大きいようです」

 イベント前日の16日お昼ごろ、都内にある高橋の自宅前に事務所の車が横づけされていた。しばらくすると高橋が登場。周囲を気にしながら素早く乗り込むと、そのまま走り去っていった。体調不良のはずなのに、いったいどこへ行くのだろうか……。

 公私ともにトラブル続きの高橋。だがこのままでは、せっかく積み上げてきた信用さえもなくしてしまうことになりそうだ――。