image

毎週金曜の深夜、テレビ東京系列で個性的なドラマの数々が放送されている。それが「ドラマ24」だ。単なるドラマの枠を超えた存在の番組として、人気を集めている。この10月から「ドラマ24」10周年を記念すべき作品としてスタートしたのは『孤独のグルメ』Season5。

 

輸入雑貨商の井之頭五郎(松重豊)が、仕事の合間におなかをすかせ、さまざまな店と味に出合う。Season4までが作られ、登場した店を探し出して訪れる“巡礼”ファンも多い人気シリーズの第5弾だ。「ドラマ24」枠での放送は、今回が初めて。マンガの原作者で、番組にも出演している久住昌之さんは、これまで、番組への視聴者の反応について驚いたことが3つあったという。

 

1つ目は、ドラマを見ながらツイッターをする人がこんなに多いんだ、ということ。

 

「井之頭五郎が『この食い方もアリだ。オオアリクイだ』とつぶやいた途端、オオアリクイがホットワードの上位に出てくるんですよ。生き物としてのオオアリクイは、ドラマとは関係ないのに(笑)」

 

2つ目は、夫婦や家族で見てくれている人が、すごく多いということ。

 

「『夫婦で毎週、同じドラマを見るのは、結婚して初めてです』と言われたこともあって、うれしかったですね」

 

3つ目は、ドラマの視聴者たちが、みんなマナーがよかったこと。

 

「たくさんの人が押し寄せて、お店に迷惑をかけるのでは、と心配していたんです。でもお店の方たちは、『大変でしたよ〜』と言いながら、感謝してくれました。ありがたいことです」

 

ドラマを見て店を訪ねる人たちの多くは、「すいませーん」と井之頭五郎と同じように手を挙げ、店の人に声をかける。混雑しているときは席をつめてくれたり、食器を下げてくれたりするファンもいて、久住さんをほっとさせているようだ。

 

今回の『孤独のグルメ』は、初の海外ロケも敢行されたそう。大スペシャル企画になるのでは、と期待が高まる。

 

「五郎は輸入雑貨を扱う仕事なので、海外に行くのも不自然じゃないし。海外で撮影するだけなのに、新聞に『海外進出』と書かれて、こちらがびっくりでした」

 

とはいえ、原作はフランス語やイタリア語など9カ国語で発売され、中国版のドラマも作られた。やっぱり海外進出なのでは?

 

「進出なんて大げさではありませんが、たとえば高崎の焼きまんじゅうみたいに、海外の人には縁のなさそうな食べ物でも、五郎がおいしそうに食べる場面を見れば、うまいと伝わるんですよね。うまいものには、国も民族も関係ない。五郎さんには食の平和大使みたいになってもらえばいいなあ、とは思います」

関連タグ: