image

東京都心に立つ、家賃40万円の超高級マンション。今年の夏、その一室に住んでいた女性が、契約更新の時期でもないのに、突然そこを引き払った。ビートたけし(68)の愛人と報じられた女性・A子さん(50)だ。

 

「昨年、『週刊文春』でA子さんの存在が報じられ、今年5月には『女性自身』が幹子夫人(64)に“愛人問題”を直撃して、夫人が激怒。夫人が何より怖いたけしさんは、それでA子さんのマンションを引き払うことにしたそうです」(芸能リポーター・城下尊之さん)

 

10月下旬、世田谷区内にある豪邸のガレージが開くと、1台のポルシェが颯爽と走り出た。運転席に座っていたのは、A子さん。歌手の伍代夏子に似た、妖艶な美女だ。

 

この豪邸は、たけしが所有する通称“等々力ベース”。親友・所ジョージ(60)の“世田谷ベース”を真似て、10年に完成させた、たけしの趣味の殿堂で、1階のガレージにはたけしが所有する高級外車がズラリ。たけしのプライベートスペースもあり、幹子夫人等家族が住む“本宅”に帰れないたけしの“自宅”的存在にもなってきた。

 

A子さんは、きびきびとした運転で、頻繁に車線を変えながら、大通りを疾走。たけしの愛車を、まるで妻のように乗り回し、着いた先はポルシェの販売店だった。A子さんはスタッフとも顔見知りのよう。笑顔で話すと、たけしに代わって、車の点検を頼んでいた。

 

「たけしさんはいま、この“等々力ベース”にA子さんを住まわせているんです。これまで、等々力ベースには、管理人&用心棒として、『たけし軍団』のグレート義太夫(56)を住まわせていました。ところが、A子さんと住み始めてから、義太夫は追い出されたと聞いています」(テレビ局関係者)

 

そして、翌日の午後には、たけし本人が等々力ベースから仕事に出て行った――。A子さんとの“同棲生活”について、所属事務所に確認した。

 

「彼女とは男女の仲などではなく、たけしのプライベートなプロジェクトに協力してもらっていると聞いています。その仕事で、ポルシェを使う必要があったのかもしれません」

 

“等々力ベース”から追い払われたという、グレート義太夫についても聞いたみた。

 

「ご存じのように、彼は糖尿病を患っています。その治療のため、通院しやすい場所に引っ越したと聞いています」

 

たけしの開き直った“老いらく不倫同棲”に、幹子夫人は怒り再爆発か、はたまたサジを投げるのか――。