image

「藤村も12月8日で81歳です。これまでいろいろ病気もしていますし、それは“ふつうの身体”ではありませんよ」

 

そう語ったのは、俳優・藤村俊二(81)の妻・みか代さん(53)。“オヒョイさん”の愛称で親しまれる藤村。’11年10月からは、『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)のナレーションで、好評を博していた。だが“異変”が生じたのは、10月24日。「本日は私、太川陽介がおともいたします」と突然、ナレーターが“代役”に。その後も、林家たい平や石丸謙二郎らが入れ替わり立ち替わりナレーターを務めているのだ。

 

「日本テレビからは何も説明はなく、この事態にインターネット上では、『オヒョイさんは体調を崩して極秘入院したらしい』など騒ぎになっているのです。ひどいものになると『実はもう亡くなっている』という噂まであって……」(芸能関係者)

 

はたして藤村に何が起こったのか?所属事務所は’11年にすでに解散しているが、本誌は事務所社長兼マネージャーとして務めていた、みか代夫人に話を聞くことができた。

 

「実は、藤村は仕事を全部辞めたんです。芸能界を引退?そういうことになりますね」

 

夫人の思いがけない言葉は記者を驚かせた。すでに心の整理もできていたのだろう、夫人の口調はとてもサバサバしていた。

 

「『ぶらり途中下車の旅』は、’12年5月に1千回を迎えています。実は当時からテレビ局にも『あと3年くらいで』という話をさせていただいていたのですが、体調のことも考慮して、10月で降板させてもらうことにしました。いま、藤村の体調でいちばん心配なのは動脈硬化。血管がボロボロなんです。心筋梗塞の原因にもなりますから、毎日、血液をサラサラにする薬を飲んでいます」

 

藤村がかかりつけにしていうのは、千葉県にある心臓外科で評価の高い病院だ。

 

「少し具合が悪くなると、そこにすぐ入院するようにしています。海の見えるお部屋で、『ハワイのワイキキみたいだ』と、本人も気に入っているようです。食事も美味しいですし、……それと、美人の看護師さんもいて、それも大事ですよね(笑)。インターネットでは何度も死亡情報が流れていたようですが、逆に長生きするのではないですか」

 

芸能界からは、ひょうひょうと引退してしまった藤村。しかしその愛称のように、ヒョイと、街ですれ違うこともあるかもしれない――。

関連タグ: