image

3月下旬の夕方5時ごろ、東京・代官山に姿を見せたのは俳優の濱田岳(27)。桐谷健太(36)、松田翔太(30)らと出演する「au」のCM「三太郎シリーズ」での“金ちゃん”こと金太郎役がハマリ役と話題に。今やこのCMをテレビで見ない日はないほどになっている。

 

「出演するCMがどれだけ放送されたかを示す“タレント別CM出稿秒数”で、昨年1位に輝いたのが、なんと濱田さんだったんです」(広告代理店関係者)

代官山の街で、濱田を後ろに従えるように歩いていたのは、彼の妻でありモデルの小泉深雪(37)。小泉は2人の間に生まれた4歳の娘と手を繋いでいた。身長160cmの濱田に対して、小泉は179cm。なんと、身長差は19cmもあるのだ! 本誌が目撃した代官山の街でも、2人の身長差は一際目立っていた。夫婦としては、どうもアンバランスに見えるが……。

 

「’11年にデキ婚で結ばれた2人は、その年齢差と身長差から“凸凹婚”とも呼ばれた2人の結婚でしたが、結婚から5年経ったいまも、夫婦仲はたいへんいいそうです」(芸能関係者)

 

夫婦が娘を連れてやってきたのは100円ショップ。おもちゃコーナーに来ると、娘がお気に入りのおもちゃを発見した。「これ欲しい!」とおもちゃをおねだりすると、濱田は「また今度ね~」と優しく諭していた。父としての姿もしっかり見せた濱田だったが、ほどなくしてメガネショップに移ると、真剣に1人でメガネの物色に熱中しはじめ、悩むこと30分。ついにしびれを切らしたのか、小泉と娘は濱田を置いてどこかへ行ってしまった――。この日は“家族の休日”を過ごした濱田だが、休みはほぼ“ナシ”。CM以外でも売れっ子ぶりを発揮している。

 

「昨年、『釣りバカ日誌』のテレビシリーズの主役に抜擢された際には、『西田敏行の後を継ぐ主演は彼しかいない』という声も上がったなど、実力は折り紙付きです。羽生結弦選手も出演した今年公開の映画『殿、利息でござる!』でのナレーション出演も含め、5月だけで、3本もの出演映画が公開されます。大活躍が期待される年になりそうです」(前出・芸能関係者)

 

夫としては妻より19cm小さい濱田だが、俳優としてはすでに“大物”のようだ。

関連タグ: