image

肌寒くなってきた10月中旬の正午、東京・世田谷区内の公園は、球技を楽しむカップルやベビーカーを押す若い母親らでにぎわっていた。そこへ1台のバンが到着すると、降りてきたのはディーン・フジオカ(36)だった。

 

グレーのフリースにパンツ姿。黒いキャップをかぶり黒のバックパックを背負う、ラフなファッションのおディーン様は、ドライバーと少し言葉を交わすと、公園内の陸上競技場へ。そこで行われていたのは、10月16日からはじまったドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)のロケ。初回視聴率は、今期ドラマで第3位の13.1%をたたき出した。

 

好調な滑り出しを見せているが、実は撮影開始直後から先行きが心配されていたと、スタッフのひとりは明かす。

 

「連ドラ主演が2年ぶり、TBSへの出演も7年ぶりだからか、織田裕二さん(48)は当初から気合が入っていました。『今のシーンなんだけどさぁ。前のシーンがこうだから、セリフはこう変えたほうがいいんじゃないの?』などと、脚本にダメ出しすることが非常に多いんです。共演者は大変ですが、ディーンさんだけはダメ出しがあっても涼しい顔で対応しているんです。笑顔で軽く流しています」

 

ディーンの“神対応”で現場の雰囲気も和らいでいるという。

 

「今回のロケの際もスタッフにスイーツを差し入れていましたが、そのような細かい気遣いと余裕は海外を転々とした“修行体験”で学んだものなんでしょうね」(前出スタッフ)

 

去年ブレイクしたディーンのことを、9月1日にクランクインするまでよく知らなかったという織田だが、最近、ディーンに留学経験があることを知り、親近感を抱くようになったという。

 

「ディーンさんが英語を巧みに使いこなすことを知って、尊敬のまなざしで見るようになったんですね。『僕も海外志向があったんだけど、事情があって留学できなかった』って残念そうに打ち明けていましたよ」(テレビ局関係者)

 

ディーンは今回、織田の執事役として髪を短くし、サイドを刈り上げ、役づくりをしてきた。

 

「メガネをかけさせたり、自分とは違うスーツの色にしてディーンさんの役を際立たせたのは織田さんのアイデアだったと聞きます。それを受け入れたディーンさんに織田さんも次第に心を開いて、2人は休憩中も一緒のことが多くなりました。先日もディーンさんが“小学生のころ『東京ラブストーリー』を欠かさず見ていました。ボクの役者としての原点です!”と話しかけて、2人で熱い握手を交わしていましたよ」(前出・スタッフ)

 

収録を終えたディーンが駐車場に姿を現したのは16時過ぎ。スタッフが「お疲れ様でした!」と声をかけると丁寧におじぎをして、車に乗り込んだ。

 

最後まで“神対応”を見せたディーンが、今後も好調ドラマのけん引役となることは間違いない。