image

 

3月15日発売の「週刊文春」(文芸春秋)が、女優の高橋由美子(44)と妻子ある実業家の男性との不倫疑惑を報じた。

 

同誌によると、もともと男性は高橋のファン。1年ほど前に飲み屋で知り合い、その後、男女の関係に。高橋と男性は堂々と都内のラブホテルで逢瀬を重ねたことを報じている。今年に入ってから男性は妻に離婚を切り出したという。男性の妻は同誌に対し「高橋さんが私の家庭を壊したのだと思っています」と主張していた。

 

「同誌に対し、所属事務所は『ホテルに行ったことは事実です』と回答。しかし雑誌がマスコミ各社に出回った14日、事務所にいくら連絡しても何のコメントも帰ってこなかったそうです。普通の芸能事務所であれば、記事が出ると分かった時点で何らかの対応を考えるのが常識なのですが……」(ワイドショー関係者)

 

同誌が発売された15日、高橋は所属事務所を通じてマスコミ各社にファクスを送付。報道を受けて「理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです。既報のような場所へ到る行動こそが何よりの表れかと思います」とあっさり報道を認めた。そのうえで、「軽率過ぎた行動は非難されて然るべきであります。悔い改めましてここにお詫び申し上げます」と謝罪した。

 

また所属事務所も、「お騒がせてしておりますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。だが対応が後手後手に回ってしまった印象は否めない。

 

「高橋さんの所属事務所は所属が2人しかいません。そのためこのような事態に陥ったことがないので、どう対応していいか分からなかったようです。関係各所から知恵を借り、ようやく15日にコメントを発表できるようになったそうです」(芸能記者)

 

高橋は素直に謝罪しただけに、何とか事態は収束に向かいそうだが……。