image

 

3月26日、歌手の美川憲一(73)が年齢を詐称していたことが発覚した。これまで美川のプロフィール上の年齢は71歳となっていたが、実年齢は73歳だったという。ネットでは「気にしない」「どうでもいい」などの声とともにニュースが拡散され、話題になっている。

 

デイリー新潮の報道により発覚した、美川の年齢詐称。きっかけは美川が3月5日に開催した新曲発表会見だったという。

 

美川は2月に左足関節外果を骨折し手術が行われた。会見では、術後のレントゲン写真が配布され、そこに記載されていた生年月日によって73歳であることが発覚。さらに、かつて美川が所属していた事務所の代表が年齢詐称を認め、自身の指示によるものだと告白したのだ。

 

年齢詐称発覚にネット上では「何歳若くいってても気にしないしむしろ気にする人いるのかw」「美川憲一の年齢サバ読みどうでもよすぎて笑えるニュースだな」「今年一番のどうでもいいニュース確定!」などの声が。

 

また「美川憲一の2歳サバ読み。思い出してニヤニヤできる良いニュースだな」と、むしろ和むという声も。芸能人の詐称問題に何かと厳しい反応を見せるネット上でのコメントだが、70歳を超えている美川には影響が少なかったようだ。