image

 

元SMAPの稲垣吾郎(44)の単独主演映画「半世界」(阪本順治監督、来年公開)。その場面写真が、各スポーツ紙で公開された。

 

同作は阪本監督が脚本を手がけたオリジナル作品。地方都市を舞台に、稲垣は山中で備長炭を作る昔かたぎの炭焼き職人を演じる。

 

公開された場面写真では、稲垣がひげを生やした山男のような風貌に。これまでは都会的な役柄を演じることが多かっただけに、同作で新境地を開拓している。

 

「香取慎吾さんは阪本監督作品に出演したことがあり、稲垣さんも出演を熱望していました。共演は20年のNHK大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』で主演をつとめる長谷川博己、そして池脇千鶴など演技派ぞろい。重厚な作品に仕上がりそうだと評判です」(映画業界関係者)

 

稲垣は撮影を振り返り、「自分にない役を演じることによってまた新たな自分自身の奥行きがでるような、そうして自分自身も深みを増すことができればいいなと思います」とコメントを寄せている。

 

映画の主演は「桜、ふたたびの加奈子」(13年)以来6年ぶり。稲垣は徹底的に演技面での“自分磨き”にこだわっているようだ。

 

「以前は主演作ばかりだったが、ここ数年は脇役の魅力を追及。クセのある脇役ばかりに挑んできました。その努力と事務所からの独立を経て、以前よりも振り幅を求めているようになったといいます。おかげで、俳優としてますます成長していますよ」(芸能記者)

関連タグ: