フジテレビ系ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』が6月14日に最終回を迎えた。

 

ディーン・フジオカ(37)演じる実直な主人公・柴門暖が裏切りによりすべてを奪われ、復習する様を描いた本作。関ジャニ∞・大倉忠義(33)、新井浩文(39)、山口紗弥加(38)らが演じる魅力的な悪役とともに、ときに目を覆いたくなるような復讐シーンで話題を呼んでいた。

 

根強いファンも多く、最終回放映直後には早くも「モンクリロス」を叫ぶ視聴者も多数現れた。そんななか、出演者の高橋克典(53)に注目が集まっているという。

 

高橋演じる入間公平は、出世欲に塗れた劇中屈指の悪役。ディーンに濡れ衣を着せ、回を追うごとにエスカレートする悪役ぶりに注目が集まっていた。

 

そんな高橋だが、14日の最終回放映中に自身のブログを更新。そこでは出演者との楽しそうな打ち上げの様子が多数アップされていたのだ。演じた役とは真逆のお茶目な高橋の様子に、ネットでは評価が急上昇している。

 

≪役は大嫌いだけど、お茶目な高橋克典さんの姿は癒し≫
≪ブログの高橋さんが可愛すぎて好きになってしまった≫

 

役者としての評価だけでなく、思わぬ形でプライベートでの評価も上昇した高橋。高橋のブログからは今後も目が離せない。