向井理(36)主演のスペシャルドラマ「太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~」(NHK総合)が8月22日に放送される。公式ホームページによると、同ドラマは64年の東京パラリンピック開催のために尽力したという伝説の医師・中村裕さん(享年57)の物語。中村さんの妻役を上戸彩(32)が演じるという。

 

Twitterでは同ドラマについて《楽しみ!!東京オリンピック、パラリンピックに向けて関心が高まれば!》《こんな人がいたから今があるのですね。観てみたいドラマです!》《何かを成した実在の人物のドラマは大好きだから見るよ。パラリンピックの話だし面白そう》と期待の声が上がっている。

 

「向井さんは以前も主演ドラマ『サマーレスキュー~天空の診療所~』で医師役を務めましたが、今回は実在の人物。生前の中村さんを知る人もきっとドラマを観るでしょうから、プレッシャーは相当なものだったそうです。それでも中村さんの尽力ぶりを知って欲しい一心で、向井さんはみごと演じ切ったそうです」(テレビ局関係者)

 

そんな向井は、劇中の名言から学んだことがあったようだ。

 

「向井さんは作中に出てくる、車椅子の患者に向けた『足がだめでも丈夫な腕がある』というセリフに感銘を受けたそうです。車椅子に乗ることはマイナスではない。それぞれの長所を伸ばせばいい。そんな思いの込められた言葉です。向井さんにとって、今回のドラマはそうした気づきに満ちていたようで、考えさせられることも多かった。しかし、それが彼の成長にもなったようです」(前出・テレビ局関係者)

 

2020年の東京パラリンピックまで、あと2年。その貢献者に思いを馳せ、ドラマを観られるのはどうだろうか。

関連タグ: