「あなたといる時間が、私にとっていちばんのしあわせなの」
「俺もだよ」

 

9月初旬の昼下がり。都心の大通りを颯爽と歩いていた、モデルのMALIA.(35)。その隣で、昨年11月に結婚したばかりの元Jリーガー・三渡洲舞人(25)がベビーカーを押していた。生後1カ月の赤ちゃんを抱き上げてほっぺにチューする溺愛ぶりだった。

 

MALIA.にとって、三渡洲は4人目の夫。全員がアスリートであることから、本誌のインタビューでは「私がアスリートを好きなんじゃなくて、アスリートが私を好きなの」と語っていたほど、情熱的な女性だ。05年に結婚し09年に離婚した2番目の夫・山本“KID”徳郁(41)は、先月がん闘病を告白したのだが――。

 

「MALIA.さんは山本さんのがんが見つかったとき、心底落ち込んでいました。でも離婚後は山本さんとの間にできた2人のお子さんはMALIA.さんが引き取っていることもあり、『彼のためにもしっかり子育てを頑張らないと!』と決意を新たにしていました」(MALIA.の知人)

 

この日、途中でMALIA.の長男(16)と思しき男の子とも合流。近くにあるオープンテラスのカフェで仲良くお茶をして帰って行った。“ビッグマミー”の背中はアスリートよりもたくましく見えた――。

関連タグ: