今回、本誌は複数の関係者の証言をもとに、10月から始まる話題の秋ドラマヒロイン20人のギャラ番付を一挙公開!

 

「女優のギャラは各局一律ではありません。局により異なります。基本的に現在もっとも提示額が高いのはTBS。以下、フジ→テレ朝→日テレ→テレ東→NHKの順です。テレ朝は大御所には高額ですが、新人には安価の傾向が。日テレ、NHKにはそれぞれ“局への貢献度”という特有の数値があり、同局に出演回数が多い女優さんのギャラが高くなるといわれています」(ドラマ制作関係者)

 

1位は米倉涼子(43)の500万円。同じく100万円を越える“横綱級”なのが、ギャラ120万円のアラフィフ2大女優、鈴木保奈美(52)と中山美穂(48)だ。

 

「お二方は数多くの主演作を誇りますが、今作は助演なので、このギャラに抑えられています。弁護士ドラマ『SUITS』は主演・織田裕二さんと鈴木保奈美さんの共演が大きな話題。今回は鈴木さんが上司役ですが、“同窓会”的な雰囲気で和やかに共演していました」(テレビ局関係者)

 

中山の『黄昏流星群』は佐々木蔵之介(50)初のフジ主演作。

 

「中山さん、黒木瞳さん(57)とともに“人生の黄昏期”に差し掛かった男女の切ない恋を描く内容。木曜劇場といえば『昼顔』の大ヒットで知られ、現場では“アラフィフ力で『昼顔』の再来を!”という機運が高まっています。黒木さんも今回は助演のためギャラは通常より低めです」(フジ関係者)

 

その黒木瞳と同様に、ギャラ1話100万円の大関クラスが新垣結衣(30)と沢口靖子(53)だ。

 

新垣の『獣になれない私たち』は、『逃げるは恥だが役に立つ』脚本家・野木亜紀子氏との再タッグ作だ。“等身大の現代女性”と“世渡り上手な毒舌男”がビアバーを舞台に繰り広げる恋物語。8月末にボスター撮影があったという。

 

「新垣さんは風邪気味だったようで質問を投げかけても終始、小声でした。今作への意気込みを聞くと硬い笑顔で『楽しみです……』と。『逃げ恥』再来を期待される強いプレッシャーを感じているようでした」(テレビ誌ライター)

 

沢口靖子の『科捜研の女』は19年続く人気シリーズだ。

 

「沢口さんは初共演時には若手、ベテラン関係なく『科捜研にようこそ!』と挨拶して必ず握手をしています。これは“科捜研の掟”。いつも自然体で休憩中には“ボディタッチ”することが多く男性共演者もメロメロです(笑)。撮影中は京都に缶詰ですが、休日には書道好きゆえペン字を書き、ジムに通って体のメンテナンスをしているそうです」(テレ朝関係者)

 

関脇は90万円で4人が並んだ。有村架純(25)は『中学聖日記』で、生徒との“禁断の恋”に悩む中学教師役を演じる。

 

「有村さんは近年、“既視感のある役”を避け、挑戦できる難役を演じることが増えています。同じ“朝ドラヒロイン”である高畑充希さんと仲が良く、一緒にプライベートで食事に行って悩み相談しているそうです」(番組関係者)

 

木村佳乃(42)は『あなたには渡さない』で泥沼愛憎劇を演じる。

 

「体当たりで『イッテQ!』に出演するなど、木村さんは今、『自分がやりたいこと』を最優先しているそうです。今作は過激なシーンが多いのですが、“ドロドロ”作品に出演したかったそうで、家族は全面的に応援してくれると聞いています」(テレ朝関係者)

 

安藤サクラ(32)と松下奈緒(33)は10月1日からの連続テレビ小説『まんぷく』に出演する。

 

「主演は安藤さんですが、松下さんは“朝ドラヒロイン”経験者。NHKへの貢献度が高いので、ギャラはほぼ同額です。現在、安藤さんは大阪のマンションで1歳になる娘さんと二人暮らし。撮影中は局内に新設されたキッズスペースに愛娘を預け、お母さんの安藤和津さんも時折、サポートに訪れています。楽屋にもベビーベッドがあり、夫役の長谷川博己さんはじめ、共演者に紹介して、楽屋の“アイドル的存在”として皆さんから可愛がられています」(NHK関係者)

 

1話80万円が小結クラスだ。

 

「高畑充希さん(26)は『過保護のカホコ』(日テレ)だともっと上。戸田恵梨香さん(30)はドラマの打ち上げのビンゴ大会で特殊な景品を用意するのが恒例。それが“恵梨香と行く旅行券”。飛行機やホテルは別ですが、同じ旅行先とのことで、スタッフ受けは最高です(笑)」(番組関係者)

 

最後は前頭(60万円以下)として記したが、本来ならもっと高額でもおかしくないという。

 

「各局とも経費削減により、この数年で基本的に制作費は2~3割下がりました。人気女優のギャラも例外ではありません。にもかかわらず、相変わらずハードな現場でも日々、体当たりで臨んでいただける女優さんにはオファーが絶えないんですよ」(制作関係者)

 

この秋ドラマの番付表に載るだけでも“一流”の証なのだ――。