「竹内さんは10月18日に日本武道館で行われた『WADA FES』に出演。同じ事務所の大先輩であるアッコさんと堂々と渡り合って、美声を初披露。いまや日本を代表する若手人気スターに育ちました。多忙で実家に帰る暇もない代わりに、私生活では弟や妹とはSNSで毎日連絡を取り合う、良い兄貴だそうです」(芸能プロ関係者)

 

いま、飛ぶ鳥を落とす勢いの竹内涼真(25)。現在出演中のドラマ『下町ロケット』(TBS系)も好調だ。番組関係者はこう語る。

 

「共演者たちは前作から3年半ぶりに集まったのですが、開始早々、現場は同窓会のような仲の良さ。8月半ばからすでに撮影は始まっていて、特に主役の阿部寛さん(54)の会社の佃製作所のセットでは、出演者が男ばかりで、まるで“男子校”。控え室での会話の内容も男子校ノリなんです」

 

3年前の前作から、竹内を特にかわいがっていたのが、上司役の安田顕(44)だという。阿部は7日の完成披露試写会で「先見の明があるのは、やっぱり安田君。当時から、(竹内の)股間をもんでいた。彼が股間をもむと若手は売れる」と暴露していた。前出の番組関係者はこう語る。

 

「安田さんはまだ表情の堅い竹内さんの緊張をほぐして仲良くなろうと、現場の空き時間にいきなり彼の下半身を狙ってタッチしたんです。それが1回だけじゃなくて、何回も。阿部さんがそれを見て、みんな盛り上がったそうです(笑)。撮影の本番中にもあったんですって。安田さんが竹内さんの前を通ってその場を去るときに、サラッと触られたと。竹内さんは顔色変えてNG出さないようにするので精一杯。さすがに睨み返したら、安田さんが手を合わせて謝るジェスチャーをしていたとか」

 

それから3年。人気俳優となった竹内だったが……。

 

「今回の現場でも、竹内さんは安田さんに挨拶代わりにいきなり股間をタッチされちゃったそうなんです。竹内さんは『絶対リベンジしてやる!』と燃えていましたね(笑)」(前出の番組関係者)

 

収録の合間には竹内が大股開きした足の間から安田が顔を出してスタッフたちをなごませたり、2人の“男の絆”は、現場の最大の潤滑油になっているそうだ。

 

「もともと彼は高校時代は東京ヴェルディユースでディフェンダーとして活躍していた超体育会系。“座右の書”は元日本代表・長谷部誠さんが書いた『心を整える』で、特に“集団のバランスや空気を整える”姿勢が彼の中で刻まれているそうです」(竹内の知人)