無期限謹慎処分を受けていたインパルスの堤下敦(41)が芸能活動を再開する。10月23日に所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表したもので、各スポーツ紙によると堤下は「あなたの街に“住みます”プロジェクト」内で出身地の「神奈川県 住みます芸人」として活動を再開。並行してコンビ活動も行うという。

 

「堤下さんは昨年6月、睡眠導入剤により意識がもうろうとした状態で乗用車を運転。そして電柱に衝突する事故を起こしました。バッシングが止まないなか、さらに同10月にも人身事故。2度の事故により、無期限謹慎処分となりました」(芸能関係者)

 

今回の謹慎明けについて、Twitterでは活躍に期待する声が。いっぽうで《板倉のやさぐれキャラが定着してきた今、インパルス堤下の芸能活動再開!コンビは、解散しないけど、2人ともピンの活動の方が多いだろうね》《板倉のやさぐれキャラが定着してきたから、コンビとしての需要があるかどうか。。。》など、相方・板倉俊之(40)との「コンビ仕事」に不安の声が上がっている。

 

「板倉さんは、堤下さんが謹慎処分を受けていた間にピンで仕事をこなしてきました。その際に堤下さんの謹慎をイジられ、“やさぐれキャラ”としてブレイク。『堤下をみんなが忘れないように』と思って自身の不幸ネタを笑いに変えてきたそうですが、世間はそうして管を巻く板倉さんの面白さに気づいたのです。そのため『1人仕事のほうが好き』との声も上がっています」(芸能関係者)

 

翌24日には、堤下が謹慎中に離婚していたとも判明。各スポーツ紙によると今春に離婚届を出したとみられているという。まだまだ孤軍奮闘は続きそうだ。