吉本坂46「泣かせてくれよ」のMVが完成。そのショートバージョンが11月19日、YouTubeで公開された。

 

スパイクの小川暖奈(28)、トレンディエンジェル・斎藤司(39)がダブルセンターを務める楽曲。大阪弁による切ない気持ちをココリコ・遠藤章造(47)、パンサー・尾形貴弘(41)、おばたのお兄さん(30)、村上ショージ(63)、ゆりやんレトリィバァ(28)などそうそうたる芸人たち歌い上げている。

 

異色のユニットゆえ、結成当初から賛否があった吉本坂46。しかしMVが公開されたことで、ネットでは期待の声が上がっている。

 

《予想をはるかに超えて素晴らしかったです!他の曲が楽しみです》
《段々良いなあ……って感じてきました やっぱりハマってしまう芸人ヲタです》
《なんか 大阪弁ええわ ダンスもなんか大阪ぽくってええわ 吉本坂って感じでええわ トータル ええ曲やなあ》

 

また秋元康(60)が作詞を務めていることもあり、とんねるずや野猿を思い出すひとも多いようだ。

 

《吉本坂の曲、何処と無くとんねるずイズム感じてる》
《野猿のサウンドが好きだったから そっち系目指してやってほしい気持ちもある》
《野猿のあの感じが大好きだったので吉本坂がすごく気になる……頑張るおじさん達最高ですよね》

 

とんねるずは91年に、野猿は99年と00年に紅白に出場しているが――。吉本坂46もひょっとするかも?