稲垣吾郎(44)都内で行われた主演映画「ばるぼら」(来年公開予定)の製作発表会見に出席したことを、各スポーツ紙が報じた。

 

今年生誕90年を迎えた故・手塚治虫さんによる“異色の大人向け作品”が初めて実写化。主人公は、稲垣演じる異常性欲に悩む売れっ子小説家。二階堂ふみ(24)演じる自堕落な謎の女性・ばるぼらに翻弄される姿を描き、メガホンを手塚さんの長男・手塚眞監督(57)がとるという。

 

「日・独・英の合作映画で、大規模な海外ロケも行われたようです。手塚さんの作品は海外にも多く、海外のメディアも記事の配信を希望。そのため記事の解禁時間は海外メディアの要望も汲み取ったうえで、日本時間の午後9時になりました。異例の事態といえるでしょう」(会見を取材した記者)

 

同作は、海外映画祭への出品も視野に入れているという。同時に期待されているのが、稲垣の世界進出だ。

 

「SMAP時代は中華圏で絶大な人気がありましたが、欧米では無名の存在。脇役で実力を磨いてきた稲垣さんが、これまで培ったものをぶつけています。エキセントリックな役ですが、海外の映画ファンからは高い評価を受けそう。海外の劇場でスタンディングオベーションを浴びる日も、そう遠くなさそうです」(映画業界関係者)

 

来年2月には主演映画「半世界」の公開も控えている。俳優として飛躍の1年となりそうだ。