「毎年11月27日の誕生日は、盛大な誕生会を開いていましたが、今年は“還暦祝い”にもかかわらず開催されませんでした。妻・KEIKOさん(46)は大分県の実家で病気療養中のため、自宅で何でも一人でやりくりする簡素な生活を送っています」(音楽関係者)

 

今年1月、芸能界引退を発表した小室哲哉(60)。

 

引退後の5月には本誌の直撃取材に応じ《やり残した仕事、作らないといけない楽曲といったものは、もうゼロになりました》と告白。以後は小室の近況は伝わってこなかったものの、11月9日にはエイベックス松浦勝人CEO(54)のインスタに久々の登場。一心不乱にピアノを弾く姿があった。

 

「小室さんの復帰を望む声は多い。松浦さんのインスタのコメント欄にもそんな声が書き込まれています。引退前は運転手付きの高級車でしたが、最近、自分で運転する姿が目撃されています。海外生活で失効していた免許証を最近取り直したそうです。リフレッシュになるそうで、ピアノを弾く意欲も湧いてくるようになってきたとか。オファーがあれば裏方として楽曲制作に携わっていければと願っているそうです」(前出・音楽関係者)

 

かつての“時代の寵児”は静かに、第2の人生を送っていた。