竹内力 地上波初MCにあったVシネ帝王からのイメージ一新

俳優の竹内力(54)が29日放送のフジテレビ系バラエティー番組「Dr.リキが行く!」(深夜1時15分)で地上波バラエティー初MCを務めると、一部スポーツ紙が報じた。

 

記事によると、番組は竹内が企画・立案して同局に提案。竹内がお年寄りと一緒にゴミ拾いなどをして、問題を取り上げる“老人バラエティー”。竹内の父は2年前に83歳で死去。実家の大分県に帰って2晩遺体に付き添ったことで思うところがあり、番組を企画・立案するきっかけとなったという。

 

「竹内さんは『ミナミの帝王』が大ヒットし、“Vシネマの帝王”と呼ばれてきました。それだけに世間では、まだまだコワモテのイメージで知られています。しかし同作のシリーズを“卒業”し、Vシネ市場縮小後は徐々にソフトなキャラクターにチェンジしています。おかげで、地上波で見かける機会も多くなりました」(テレビ局関係者)

 

地上波では初のバラエティーMCとなるが、すでに“試運転”は終えていたという。

 

「16年4月、CS局・チャンネルNECOで冠バラエティー番組『竹内力、始めました』が放送されました。竹内さんが今までに体験したことのないことや、死ぬまでに一度はやってみたいことに挑戦する番組。そこでは保育士・コスプレ・料理教室などを初体験するなど、コミカルな一面を存分に発揮していました。そのときの番組で見せた一面やお年寄り思いであることが視聴者に伝わることで、さらにイメージを一新しそうです」(芸能記者)

 

次は“バラエティーの帝王”を目指してほしいものだ。

関連カテゴリー: