2時間ドラマの帝王・船越英一郎は月9で受け入れられるのか?

今一つ振るわない“月9”。今回の『トレース 科捜研の男』(フジテレビ系)の主演は関ジャニの錦戸亮(34)。人気漫画『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を原作としているが、サブタイトルを「科捜研の男」と変えたことから放送前に物議を醸していた。

 

だが1月7日にスタートすると見事、初回視聴率12.3%(テレビリサーチ調べ)。好スタートを切った。

 

警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員・真野礼二(錦戸亮・34)は“鑑定結果こそ真実”という信念によって、被害者の無念を明らかにしていく。また明らかにはなっていないが、陰惨な過去を持っている。そしてともに事件を解決する警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎・58)は、勘を信じるという正反対の人物だ。

 

切断された左手が、あるイベント会場で発見された。鑑定を任された真野は新人の沢口ノンナ(新木優子・25)とともに、バラバラに切断された女性の遺体を発見する。司法解剖の結果、死因は心臓を刃物で刺された失血死。被害者である五十嵐美加(菅野莉央・25)には、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡があった。

 

DVの可能性があるとして、犯人を探す。美加の恋人(池岡亮介・25)や母親(森口瑤子・52)の再婚相手、著名な教育評論家の康信(吹越満・53)が犯行に及んだと推測。しかし勘で動く虎丸と客観的事実を信じる真野とで真っ向から対立。最終的に真野の地道な解析によって、事件は解決する。

 

『トレース』は、1話完結型のドラマである。事件の犯行現場から採取された資料の検査を行い鑑定し、警察とともに犯罪を解明する。科捜研のドラマといえば、1999年からスタートした『科捜研の女』(テレビ朝日系)がシリーズもののドラマで高視聴率を維持している。そんな有名ドラマに立ち向かうことはできるのか。

 

薄汚れた白い犬が加えてきた切断された左手をごとんと落とす。そんなショッキングな場面から物語が始まり、ハイテンポな音楽で刑事の虎丸や真野が登場。劇的な展開とメリハリのよさやシリアスで胸に刺さるシーンやセリフなど、ドラマ全体の構成はしっかりしている。

 

真野礼二という人物は陰惨な過去を持ち、ありとあらゆる方法で徹底した鑑定を行う。現場に残された証拠は被害者の思いであり、真実のかけらを見つけ出すのが自分たちの使命だと考える。同僚からは煙たがられてはいるが、新人で戸惑う坂口ノンナに事件に向き合う姿勢を諭す。成長していくノンナもこのドラマの見どころだ。

 

クールな演技がハマる錦戸亮と若手女優で月9連投の新木裕子(25)。また潤滑油の役割を果たす小雪(42)。この配役は“月9”らしいといえるだろう。

 

しかし船越英一郎に対しては、SNS上で「うるさい」「昭和感」といった評判が。2時間ドラマの帝王と呼ばれる船越だが、月9でも受け入れられるのか。今後の視聴率は、虎丸にかかっているといえる。

 

次回はのゲストは、関めぐみ(33)や篠原篤(35)。ある外科医が教授就任パーティーで殺害された。虎丸は、事件に関するDNAの照合鑑定を依頼し、真野が坂口とともに事件を解決していく。

関連カテゴリー: