木村佳乃 清純派から悪女役に!女優覚醒にあった“あの作品”

女優・木村佳乃(42)1月16日、フジテレビ系ドラマ「後妻業」の制作発表に出席したと各スポーツ紙が報じた。

 

同ドラマは、直木賞作家・黒川博行氏の同名小説が原作。資産家老人を狙う結婚詐欺「後妻業」を描くサスペンスで、木村は“男をたぶらかす天性の悪女”小夜子を演じる。

 

同作は2016年に大竹しのぶ(61)主演で映画化された作品。各紙によると、木村は大竹に今回のドラマ化を報告。「佳乃ちゃんなら、おじさんもコロッとだまされちゃうわよ~」と“お墨付き”をもらったという。

 

「正真正銘のお嬢さまの木村さんだけに、デビュー時からは清純派の役柄ばかりでした。その後、東山紀之さん(52)と結婚して2児のママに。そして“ある作品”をきっかけに、女優として覚醒しました」(テレビ誌記者)

 

木村が女優として覚醒した作品とは、16年4月期のドラマ「僕のヤバイ妻」(フジテレビ系)。伊藤英明(43)演じる主人公の妻役で、浮気夫に制裁を加えようとする猟奇的な役どころだった。

 

「実は木村さん、オカルトやホラー映画が大好き。現場でも血のりを見て興奮し、ハイテンションで演技のふり幅を見せてくれました。その後もバラエティ番組で体当たりロケに挑むなど、意外に引き出しが多いんです。それが演技にも生かされていると評判です。今回も大竹さんが演じた小夜子にどういう演技で“挑戦”するか、注目されます」(同ドラマの制作関係者)

 

16日の会見では、「映画や原作とまったく違うものをお見せできたら」と意気込んだという木村。その悪女ぶりが期待される。

関連カテゴリー: