たけしに民放リストラ危機!強気の“ギャラ増”方針が逆風に

「いいね、事務所独立すると! 笑うね。お金が取られない。それ(映画などの権利)が俺んところに入るようになった。『これ、働かなくていいや!』って思って……」

 

2月6日放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)に生出演したビートたけし(71)。オフィス北野から独立し、昨年4月に愛人・A子さん(53)と設立した新事務所で活動する彼は現在レギュラー番組6本を抱え、『いだてん』(NHK)にも出演中だ。

 

「この数年、民放各局の制作費が軒並み削減され、大多数のタレントがギャラの減額を受け入れています。しかし、新事務所の頑なな“方針”でたけしさんの出演料は今なお最高水準の1本2百万~3百万円で維持されています。制作費の比率から見たら、局の“負担増”なのですが……」(民放関係者)

 

“ギャラ増”の本人の高笑いとは裏腹に、民放各局はたけしのレギュラー番組を“精査中”だという。

 

「同じ大御所でも、さんまさんやタモリさん、所さん、鶴瓶さんの冠番組は今も頻繁に週間高視聴率ランキングに入っています。ですが、たけしさんの番組は高額ギャラに見合う数字が以前ほど取れなくなっています」(民放関係者)

 

フジテレビ関係者が声を潜める。

 

「放送開始から22年目を迎えるレギュラー番組『奇跡体験! アンビリバボー』がついに今秋の改編の標的になったと聞きました。10年以上前は25%を叩き出した人気番組でしたが、昨年1月4日に放送された3時間特番が5.7%の惨敗。10%は堅いと見ていた上層部は相当焦っていました。それ以来、動向を注視していましたが『笑っていいとも!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』に続き、たけしさんの長寿番組という“聖域”にも手を付けざるを得なくなったのが実情。打ち切りの可能性すらあります」

 

昔のように飲み歩くこともやめ、たけしは収録後すぐにA子さんの待つ自宅に帰る日々だという。

 

「70代に入り、滑舌にキレがなくなってきたこともスタッフ間で不安視されているそうです。たけしさんをレギュラーで起用する局は徐々に減っていくでしょう。長期的には、主に特番での出演をお願いする形に変わっていきそうです」(別の民放関係者)

 

一方で、たけしの知人は言う。

 

「いまや悠々自適の彼にとって、制約の多い民放のレギュラー番組に固執するより、自分のやりたい企画に興味が移っています。テレビは地上波だけではないですし。ネット放送にも関心を寄せてます」

 

将来“大リストラ”されても今のたけしには、民放は無理して“働かなくてもいい”場所なのかも。

関連カテゴリー: