斎藤工 脚本家デビュー!女性客赤面させる昼顔越えの過激内容

「工くんは変装もせず、1人堂々と舞台を見ていました。きわどいシーンになると、ニヤリと顔をほころばせていたのが印象的でしたね」(観劇した女性客)

 

5月14日、東京・下北沢にある小劇場を訪れたのは斎藤工(37)。ドラマや映画に引っ張りだこの斎藤がキャパ100人ほどの過激な舞台を見にきたのは“理由”があった。

 

「実は、公演していた舞台の脚本を斎藤さんが書き下ろしていたんです。彼が演劇の脚本に挑戦するのは初めてです。大々的に告知をしていないため、ファンの間でも知っている人はごくわずかだったようです」(演劇関係者)

 

公演を行っていたのは劇団『女々』という演劇ユニット。生々しい男女の情念を題材に扱うことが多く、一部の演劇マニアから“下ネタ演劇”と呼ばれ注目を集めている。

 

「今回、上演していたのは『ドブ恋』と呼ばれる人気演目です。『日本の足を引っ張るドブの様な連中の、ドブの様な恋を描いた物語』をコンセプトに、実際にあった恋愛の話をオムニバス形式で描いています。18歳未満は入場禁止の過激な内容ですが、これまでに約1万人も動員してきた劇団の“看板作品”です」(前出・演劇関係者)

 

舞台は複数の下着姿の男女が登場し、激しく絡み合うオープニングからスタート。そんななか、斎藤が脚本を担当したのは『ミスター・ベーション』という作品。

 

あらすじはこうだ。若手俳優が自宅でビデオを観賞している途中に、交際中の彼女とその親友女性がやってくる。しかし彼女は仕事に行き、俳優と親友は2人きりになり……。観劇した女性客は顔を赤らめながら舞台を振り返る。

 

「最後に浮気現場をスマートフォンで撮影していた彼女が、『知ってんだから。アンタがちょいちょい私の友達と浮気してるの。これSNSにアップしたらバズるよ』と俳優に詰め寄るシーンがありました。このセリフが妙に生々しかったんです。主人公の男性は俳優という設定ですし、『ドブ恋』は実際にあった恋愛をテーマにしています。この話は『本当に工くんの実体験では?』とドキドキしながら見ていました」(前出・目撃した女性客)

 

ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)で“セクシー俳優”としてブレークした斎藤。その名のとおり彼は並々ならぬ意気込みで、『昼顔』越えの18禁舞台脚本に取り組んでいた。演劇に詳しいライターはこう語る。

 

「劇団で脚本・演出を手がける金沢知樹さん(45)と斎藤さんは、10年前に一緒に仕事をして以来の仲。斎藤さんはこれまでに何度も金沢さんの舞台を見に行っていたそうです。熱烈な『ドブ恋』のファンだった彼は、昨年5月に観劇した際に『俺に脚本を書かせてほしい!』と自ら志願したそうです。見終わった直後に『今から書いてくる!』と言って、その足で駅前のファストフード店で書き上げたのが今回の脚本です。また、パンフレットの写真も斎藤さん自ら撮影を担当していました。稽古の見学にも来る力の入れようで、『斎藤工が来てる!』と出演者の士気も上がったようです」

 

さらに、斎藤には今回の脚本家デビューに込めた“熱い思い”があったという。

 

「斎藤さんは俳優業のかたわらで映画の監督やプロデュースにも挑戦し、多方面に進出しています。親しいスタッフには『俳優以外の強みも作らないと、これから先は生き残っていけない』と語っているそうです。また売れっ子ながら過激な内容で物議を醸した映画『麻雀放浪記2020』にも出演するなど、強い反骨精神の持ち主でもあります。自ら過激な作品を発表することで、『規制だらけの世の中に一石を投じたい』という思いもあるのでしょう」(芸能関係者)

 

斎藤は『CREA』4月号のインタビューで次のように語っている。

 

《情報過多ないま、コンプライアンス問題等、表現の現場は過剰なほど管理されてきています。テレビで放送する時のことを気にして、犯人がシートベルトをして逃げたり》

 

“孤高の表現者”として果敢に挑戦を続ける斎藤。果たして次はどんな作品を見せてくれるのだろう――。

関連カテゴリー:
関連タグ: