『凪のお暇』 高橋一生と中村倫也の演技を原作ファンも大絶賛

黒木華(29)主演ドラマ『凪のお暇』(TBSテレビ系)の第1話が7月19日に放送された。累計250万部を超えるコナリミサトの人気漫画を実写化。主人公・大島凪 (黒木華)は都内家電メーカーに勤める28歳OL。空気の読みすぎで倒れた凪が、仕事も恋もSNSも全て捨てる人生リセットドラマだ。

 

空気を読みすぎて、同僚に同調するばかりの凪。さらに凪にとって唯一の救いであった会社でも大人気の恋人・我聞慎二(高橋一生)が陰で「体の相性がいいだけで恋人ではない」と言っているのを偶然聞いてしまう。過呼吸になりその場で倒れた凪は、会社を辞めて郊外の六畳人間のボロアパートに引っ越す。しかし、そこで待ち受けていたのは変わった人ばかりで……というのが初回のあらすじ。

 

根強い原作ファンが多い本作のなかでも、とりわけ強い人気を誇るのが高橋演じる慎二と中村倫也演じる安良城ゴン。キャスト発表当初は、原作との違いからか不安視するファンが少なからずいたのだ。

 

しかし、気になる放送後の反応はというと前評判を覆す称賛の嵐。繊細で冴えない凪の雰囲気を再現しきった黒木華の演技はもちろん、不安視されていた高橋や中村を絶賛する声が相次いでいた。

 

《原作越えキタ!?このキャスティングどなの!?って懸念を吹き飛ばし、黒木華ちゃんはすんごく凪だし、正直今までピクリともこなかった高橋一生の慎二はピクピクきまくって演技上手いし、何より全部掻っ攫っていく勢いの中村倫也のゴンさんの色気ヤバい》

《やばい。原作のぶっちぎりの面白さ、黒木高橋中村の共演、それによって自分の中のハードルを上げすぎて万が一面白くなかったらどうしようと思ってけど全くの杞憂!面白い、すごく面白い。原作の空気を大切にした脚本、テンポ、役者たちの芝居、どれも素晴らしい!!!》

《慎二とゴン逆だろとか思ってたけど高橋一生様のこの冷たい顔して内心めっちゃ焦ってるみたいなやばい奴の演技が絶妙に慎二すぎて(語彙力)気持ちが溢れて号泣してしまった》

 

平均視聴率が10.3%と2桁超えを記録する好スタートを切った「凪のお暇」。次回は凪を諦めきれない慎二に、急接近してくるゴンと波乱の予感。男性陣2人の演技からますます目が離せなさそうだ。

関連カテゴリー: