又吉直樹の新刊発表が早くも話題「火花」旋風の再来なるか

8月9日、作家でお笑い芸人の又吉直樹(39)による長編小説「人間」が10月10日に発売されると発表された。又吉も同日、《私が書いた小説『人間』が10月10日に発売されることになりました。書き終わらないと思っていたのですが、書き終わりました》とTwitterで報告。早くもファンから歓喜の声があがっている。

 

《又吉さんのお好きな太宰はこの「人間」の後に「失格」と付けましたが、又吉さんの描く人間はどのようになるのか、新聞の連載は全く読んでいなかったのでとても気になります。秋の風を感じながらこの本をめくるのを楽しみにしております》

 

《買います!!読みます!!10月の楽しみができました 劇場を読んでから又吉さんの世界観にハマり、又吉さんの小説を全て購入してしまいました 人間もとても楽しみです!!!》

 

《又吉さんの「人間」、こちらでは毎日新聞の夕刊は売ってないので、あきらめてたけど、書籍化されることが分かって狂喜乱舞です》

 

本作は「毎日新聞」の夕刊に2018年9月3日から2019年5月15日まで連載された。38歳の誕生日を迎えた男性が、かつて同世代の仲間と過ごした日々を振り返えるストーリー。青春のあとも続く人生の残酷さと救済をテーマとした作品だ。

 

又吉の著書といえば、15年に発売して芥川賞を受賞した処女作「火花」や7月に映画化が発表された「劇場」とこれまでにも注目を集めた。さらに又吉は、来年から純文学の新人賞として定評のある「新潮新人賞」の選考委員にも抜擢された。

 

着実に文豪の道を歩む又吉。今回でも早くも話題になっているだけに、「火花」旋風の再来が期待できそうだ。

関連カテゴリー: