甲子園大記録の陰で「板東英二がすごすぎる」と注目集まる
星稜(石川)と智弁和歌山(和歌山)が対戦。延長14回の激闘の末、星稜がサヨナラ勝ちした。

8月17日に行われた第101回全国高校野球選手権大会第11日目。第2試合では、星稜(石川)と智弁和歌山(和歌山)が対戦。延長14回の激闘の末、星稜がサヨナラ勝ちした。

 

しかしこの熱戦の裏で、ネット上では意外な人物にスポットライトが当たっている。

 

この試合で注目を集めたのが、先発した星稜の奥川恭伸投手(3年)だ。延長14回を一人で投げ切り、完投勝利。1試合23奪三振という“昭和の怪物”で名高い元プロ野球選手の江川卓(64)に並ぶ大記録を打ち立てた。

 

しかし夏の甲子園大会記録である25奪三振(参考記録)には一歩及ばず。実はこの大会記録保持者、元プロ野球で現タレントの板東英二(79)なのだ。このニュースがテレビやインターネットで紹介されたが、ネット上では意外な反応がーー。

 

《板東英二って野球選手だったんだ。ただのゆで卵好きな陽気なおじさんかと》

《板東英二さんって司会業(主にクイズ番組の)の人じゃなかったんだ》

 

など板東英二がそもそも野球選手だったことを知らない若者世代から、驚きのツイートが続出。

 

またこの若者からのツイートに対して、中高年世代が板東の解説をツイートする展開に。

 

《板東英二は甲子園でも凄かったし、プロでも77勝した凄いピッチャーなんやぞ!》

《板東英二さん舐めたらいけないよ。 甲子園の投手記録のほとんどを板東英二さんが持っているんだから》

《板東英二ネタをひとつ。板東が王貞治と同期、契約金は板東が200万円上だったとは有名な話》

 

このようなツイートの応酬で、気づけば「板東英二」がトレンドの1位にランクイン。

 

《板東英二のすごさが今になって実感また持たれてるの面白い》

《板東英二が何でトレンドワードにあがってたかというと、彼が投手だった経歴を知らない世代が、ググって目から鱗が落ちたという次第かあ。 令和だな~~》

 

プロ野球でも活躍した高校野球のレジェンドが、意外な形で注目される結果となった。

関連カテゴリー: